◆真昼の月◆

ヘルパーのお仕事、職人仕込みのレシピなどを綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
すっかりご無沙汰してしまいました。
私はとても元気です。

実はこの4月から、デイケアでも働いています。
訪問ヘルパーの仕事を辞めたわけではありません。
月曜日と火曜日は訪問介護。
水曜日は視力障害者のガイドヘルパー
木曜日と金曜日にデイケアのスタッフ。
そんなシフトです。

ふと周囲を見回せば、私と同期で年齢の近い友だちヘルパーのほとんどが、訪問介護の仕事から引退しています。
雨、風、雪の中の自転車運転がキツイ。
おまけに近年の異常な暑さで、炎天下の自転車移動がキツイ。
個人のお宅で、密室の中で起こった重大事項に一人で対応する責任が重い。
友だちの多くが、引退の理由をそう言います。
50歳を過ぎて体力が落ち、更年期のさまざまな変化が身体に現れるのも要因のひとつでしょう。
実は私も現在、両手親指が変形性関節症になっていて、重い身体介護は無理になってしまいました。

私の場合、それに加えて「移動時間は時給が発生しない」というのがあります。
一件の訪問を終えて、次のお宅へ移動するまでの30分に時給が出ないと、1日5件仕事をしても2時間分無駄になってしまいます。
それに、利用者さまの体調急変による突然の仕事キャンセルも多く、1か月の収入が安定しません。
「だったら時給が安くても、屋内の仕事をしよう」
子どもたちの学費にするためにも、その方が良いと考えたのです。

就職希望先はデイケア。
それほど重度の利用者さまがいない施設を探します。
就活の経緯については、また次回の記事に書くことにします。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tukiakarinoheya.blog65.fc2.com/tb.php/477-e2dbc92e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。