◆真昼の月◆

ヘルパーのお仕事、職人仕込みのレシピなどを綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
NPO法人メディア・アクセス・サポートセンター主催のバリアフリー映画鑑賞会に行ってきました。
これは埼玉県障害者アートフェスティバルの一環で、映画のほかに、美術、舞台芸術、セミナーというのが行われていました。
上映会は4日間。

12月18日、19日
 SPACE BATTLESHIPヤマト
 武士の家計簿
 最後の忠臣蔵

1月8日、9日
 SPACE BATTLESHIPヤマト
 最後の忠臣蔵
 相棒Ⅱ


という上映作品です。

このうち、1月8日のSPACE BATTLESHIPヤマトを鑑賞してきました。

映画館という場所は、視力障害者をガイドするのに、難しいことが多くあります。
まず、暗い。
劇場内の、列と列の間や通路が狭く、2人並んで歩けない。
シネコンなどは、小さい部屋が複数あり、避難経路を確認しにくい。

それらを、どんな風にクリアしたらいいかも心の中で検証しながら映画館へ行きました。

この日を楽しみにしていたに違いない障害者の方々が、ロビーに大勢いました。
盲導犬と一緒の方、ヘルパーと同行の方、手話で会話するカップルや親子。
みな表情が明るく、会話がはずんでいます。

チケットのもぎりをする場所に机が置かれ、そこでイヤホン付きのFMラジオを借りました。
panasonic RF-ND180Rは、小さくて、視力障害者が操作をするには不向きです。
ですから、渡された時には、チャンネルがロックされ、音量、イヤホンの長さも調整済みとなっています。
上映が始まるまでは、その映画の紹介が繰り返し流されていますが、映画が始まると同時に、音声ガイドに切り替わります。

視力障害者にとって、沈黙は不安を呼びます。
普段何気なく見ている映画でも、沈黙のシーンは多くあるんですよ。
映像では、その沈黙の中で多くを表現し、沈黙だからこそ伝わる雰囲気というものがあるのですが、視力障害の方には、それがひとつも通じません。
予告編が終了すると、本編が始まるまで沈黙があります。
映画の配給会社や制作会社のテロップが流れているのですが、音楽も音声もありません。
ですから、ガイドはここから始まるんです。

東宝株式会社、SEDECインターナショナル、ロボット

淡々と読み上げられるこれらの会社名が始まると、「いよいよ本編だな」とわかるわけです。


ヤマトは、私が学生時代にどっぷりはまった、大好きなアニメです。
目を閉じていても、その形やキャラクタの顔、戦闘シーンなど、ストーリーごとに思い出すことができます。
でも、ヤマトを知らない視力障害者には、どんなふうに感じられるのでしょうか。
音声ガイドが「ヤマトの何百倍もある大きな艦から――」と言っても、そもそもヤマトの大きさを想像することができるのでしょうか。
場面が切り替わるごとに「艦長室、地球の司令室、格納庫」と入る説明は、うるさいですが、これがないと、どこで誰が何をしているのかわかりません。
必要ですが、興ざめなのは違いありません。

基本的に、ガイドとセリフがかぶることはないので、説明が入るタイミングは難しく、そう多くはないのです。
そうなると、少ない言葉で的確に映画を表現する、すぐれた音声ガイドを制作することが重要でしょう。
それって、すごく難しいことだと思います。

とはいえ、来場した方の多くは、映画終了後にこやかに帰宅の途につきました。
耳からの情報だけで、せいいっぱい想像力を働かせ、頭の中にその映像を思い浮かべた148分間。

映画の感動をみんなのものに
NPO法人メディア・アクセス・サポートセンターの取り組みが、さらに充実して、多くの人が映画館で感動を味わえたらいいなと思います。



字幕付き鑑賞は別エントリーにします。















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tukiakarinoheya.blog65.fc2.com/tb.php/466-b73a8714

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。