◆真昼の月◆

ヘルパーのお仕事、職人仕込みのレシピなどを綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こちらで演奏会の感想を書くのはとても久しぶりだ。
でも、まったく行っていなかったわけではない。
心の洗濯に、ちょこちょこ行ってはいる。

今夜は大好きな西本智実さんがルーマニア国立ジョルジュ・エネスコ・フィル・ハーモニーを指揮するというので、オペラシティまで聴きに行った。
最近コマーシャルでも活躍している西本さんだが、「新世界より」のCDはお気に入りで、我が家でもよく聴いている。

ドヴォルザーク:交響曲第9番ドヴォルザーク:交響曲第9番
(2008/06/04)
西本智実

商品詳細を見る


でも一番のお気に入りは、なんといってもボレロだ。
レコードだったら擦り切れているかも。というくらい(笑)。

ラヴェル:ボレロラヴェル:ボレロ
(2003/09/18)
西本智実

商品詳細を見る


今夜は曲目がまた魅力的、というか、私にとっては興味深いラインナップだ。

ヴェーラ・バルトーク:ルーマニア民族舞曲S.76
セルゲイ・プロコフィエフ:交響曲第1番ニ長調「古典」作品25
ヨハネス・ブラームス:交響曲第1番ハ短調作品68


難解で、でもなぜか惹き付けられるバルトークと、
一度聴いてみたかったプロコフィエフ。
大好きなブラームス、となれば、やっぱり聴きに行くだろう(笑)

割りに小柄な演奏家が多いな、というのが第一印象のこのオーケストラ。
ルーマニア人というと、よく知っているのはコマネチ体操選手だが、そうか彼女も小柄だったな、などと関係ないことを思う。
しかし、西本さんがいつものように颯爽とステージに登場すると、場の空気がきゅっと締まる。

最初の一振りが美しい。だからこの瞬間が大好きだ。
想像通りバルトークは難しく、自分が予想する音とは違う方向へ曲が流れていく。
予測が付かない。でもそれは面白い裏切りだと感じられる。
「へえ、そう来るのか」「なんでこうなるのかなぁ」と気持ちよく翻弄される。
プロコフィエフは正統派、という感じ。
ブラームスはすばらしかった!
壮大にしてダイナミック。西本さんの全身から迸り出るエネルギーが音楽と融合していく。

アンコールがまた嬉しいことに、馴染み深いブラームスのハンガリア舞曲だった。
アップテンポな曲を、しなやかに指揮する西本さんと、それに合わせてうねるように演奏されていく曲。特に弦楽器のド迫力。

瞬きするのさえ惜しい。
ひとつの音も聞き漏らしたくない。
そう思いながら身を乗り出すように聴いた。

これが客席でなく、自分も演奏するひとりとして、あのステージにいたら、どんな気持ちなのだろう。
魂の音を奏で、力のある指揮者に導かれて、オーケストラ全体で音楽を作ってゆく過程は、ものすごく幸せなのではないだろうか。

心からの拍手を残して会場を後にする。
今夜は心の洗濯というより、心にパワーをもらった感じ。

良い音楽に身をゆだねるのは本当に楽しい。
また出かけたいと思う。















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tukiakarinoheya.blog65.fc2.com/tb.php/291-2d74f025

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。