◆真昼の月◆

ヘルパーのお仕事、職人仕込みのレシピなどを綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Tくんの通院介助は、お母さんと一緒に行います。
お母さんが車を運転して病院まで行き、そこからが私の出番。
彼の体の湾曲に合わせた特別製の車椅子を組み立て、そこへ座ってもらう。
車椅子を押す私の後ろを、お母さんは着替えの荷物などを持ってついてくる。

GWの合間のこの日、病院はとても混んでいて、病院へ繋がっている道路がすでに渋滞するほどだった。余裕をもって家を出てきたのに、到着して駐車場へ入れたのが、予約時間の11時。
「混んでいるけど、もう薬がないから診察してもらわないとダメなのよ」と、ため息をつくお母さん。
そう。最近、薬だけ受け取ることができなくなりました。
必ず診察が必要なんですよね。

受付してみたら、診察してくださるのは、かかりつけの医師ではないというのです。
GWで代診、だそうで、Tくんのことを一度も診察したことのない先生で、「そんな先生に、Tの何がわかるのかしら」とお母さんは心配そうです。
待合室はとても混雑していたので、かなり離れた隅っこで順番を待ちました。
Tくんは難病で知的障害もあります。5歳まで生きられないだろうと診断されながら、20歳を超えた今も、自宅で穏やかな生活を送っています。
胃ろうの手術を受けているので、食事を摂ることも飲み物を飲むこともできません。

もしTくんがインフルエンザにかかったら。
彼はうがいをすることができません。
体重は28キロしかなく、抵抗力も免疫力も低いので、罹看と同時にたちまち重度となるでしょう。
命だって危なくなるに違いありません。
Tくんにとって、こんなにも混雑した病院に長時間いることは、とてもリスクが高いのです。

結局、2時間待ちました。
そんなに待ったのに、診察はたった2分です。
「特にお変わりありませんか? じゃ、いつもの薬を出しますから」
それでおしまい。

なんだかなぁ。
もう少し、なんとかならないのかなぁ。
すごくそう思った通院介助でした。

お久しぶりです
こんにちは、こちらにコメントをかくのはすごく久し振りです。
かずよん、お元気でお仕事もがんばっているようですね。
私も変わりありませんよ。
お子様のヘルパーもしているんですね。
通院介助は時間が読めないし、病院が混んでいると大変ですよね。
私もヘルパーではいっている方の通院介助の仕事がありますが、早いと午前中で終わる仕事も、混んでいると午後3時過ぎなんてこともあります。
それまでお昼を取る時間もなく、じっと待っている仕事、辛いです~。
特に検査なんかが入ると時間も読めなくて本当に困ります。
病院の方も最近は近代化されて、会計も機械でできたりして時間がかなり縮小されてきていますが、それでも通院介助は大変ですよね。
それでは、またお邪魔しますね。

2009.05.25 20:12 URL | カランコエ☆ #- [ 編集 ]

Re: お久しぶりです
カランコエさん、お久しぶりです!
そちらもお元気そうですね。
最近は障害者通院介助も多くて、時間の読めないお仕事をしています(笑)
時間が読めないから、そのあとには別の仕事を入れられません。
でも、必要なサービスですよね。

またぜひ来てくださいね♪

2009.05.29 16:12 URL | かずよん #- [ 編集 ]















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tukiakarinoheya.blog65.fc2.com/tb.php/290-e480332a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。