◆真昼の月◆

ヘルパーのお仕事、職人仕込みのレシピなどを綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
T子さん(明治44年10月生まれ)の終戦の記憶


終戦が決まった時、夫は某セメント会社の平壌支社に勤めていて、私は4人の子どもと一緒に社宅に住んでいました。
といっても、夫はその少し前に召集されて本土へ渡ったので、引き上げた時には別だったのですが。

強制送還が決まり、38度線より北にはロシア軍が、南にはアメリカ軍が入りました。
平壌支社長は考え方の新しい人で、当時は会社の事務を日本人女性に任せ、現地の女性は掃除婦やまかない婦として採用するのが普通だったにもかかわらず、
「十分仕事のできる女性もいるから」と、現地女性を秘書に採用していました。
全員が引き上げるときに社長はこの女性に案内役を頼んだのです。

「38度線では略奪が横行していて非常に危険です。その手前で列車を降りて山越えしましょう」
と彼女は言い、日本人全員を引き連れて先頭に立って歩き始めました。
長女にリュックを背負わせ末っ子を背中に負ぶって、貨物列車に乗り、38度線手前の小さな田舎の駅で降りると一昼夜山を越え、小さな渡し舟の船着場に着きました。

彼女は船頭さんに話をして、定員オーバーながら何往復かさせて川を越えさせ、そのあと近隣の村に入って村人に日本人を泊めてくれるように交渉してくれたのです。
「米を持っている人は出しなさい。どの家でも明日炊いてくれるように話してあります。それをおにぎりにして釜山を目指すといいでしょう」
彼女とはそこで別れました。
私たちは何も奪われることなく、安心して眠り、全員そろって釜山港へたどり着くことができたのです。

釜山から下関行きの船に乗りましたが、途中の航路は落ちた戦闘機や沈没した戦艦の残骸で横切ることができませんでした。
仕方なく迂回して、船は福岡に到着しました。
福岡には引揚者の受付所があって、どこにいたのか、家族は誰々かなどと聞かれたのですが、そのあとで、炊き出しが配られました。
片手では持ちきれないほどの大きな、炊き込みご飯のおにぎりを1人にひとつずつ。
子どもにも赤ちゃんにも1個ずつ。
あの味は今でも忘れません。
ようやく帰ってきたんだという、安堵と祖国の味でした。

結局夫は出征することなく待機の状態で終戦になり、2ヵ月後に会うことができました。
だから私は爆撃も防空壕も知りません。
あの秘書さんがあれからどうしたのか。知りたいけれどもう無理でしょう。
同じセメント会社のもっと北にあった工場の人たちは、老人と子どもが生きて帰って来られなかった。

やはり無事に帰国できたのは、あの秘書さんのおかげだと思っています。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tukiakarinoheya.blog65.fc2.com/tb.php/276-31fc1322

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。