◆真昼の月◆

ヘルパーのお仕事、職人仕込みのレシピなどを綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
元旦。
訪問先の玄関ドアを開ける前から、室内の叫び声が聞こえる。

正月から何を叫んでいるのだろう

慌てて中へ入り、居間に向かうと90歳の奥さまがしりもちをついていた。

ベッドから自力で下りて、脇に置いてあるポータブルトイレで用をすませた。
ところがその後、ベッドへ戻ることが出来なくなった。
ベッド前でしりもちをつき、柵につかまって立とうとしたが無理だった。
両手を離せば後ろへ転倒してしまうだろう。
お尻を床について膝を折り、両腕はベッドガードを握り締めたまま、もう動けない。
95歳のご主人は、やはり要介護で、とても奥さまを助け起こすだけの力がないので、奥さまの背中にまわると、猫のように丸くうずくまり、後ろへ倒れてこないように支えていた。


あけましておめでとうございます
今年もよろしくおねがいします
そんな挨拶をするひまもなく、今年の第一声は

「大丈夫ですかっ!」 だった(笑)

ああー、介護さんが来てくれた。もう大丈夫だよ。
お父さんは安心して横へどく。
「私が手をお貸ししますが立てますか? 膝や足首が硬くなっていませんか」
長時間同じ姿勢でいたなら、身体が硬直しているかもしれない。
奥さまは「ゆっくり抱き抱えて立たせて欲しい」と言われ、「では、一緒に立ちましょう」と、そろりそろりと立たせ、ベッド脇に座らせ、それから寝ていただく。

とたんにポロポロと涙を流し、
「正月だっていうのに、3時間もああしていたんだよ。情けなかった――」と泣いた。
お昼近くに息子さんが帰っていった。
そろそろ昼食を食べようと思い、用を足してから――とベッドを降り――

ご主人は手元へ電話を手繰り寄せて3人の子どもたちに救助を求めたらしい。
しかし耳が遠く、ほとんど聞こえないので、相手が電話に出たのかどうかもわからない。
とにかくしばらく「お母さんを助けに来てくれ!」と言い続けて電話を切るという作業を繰り返したが、誰も来てくれなかったのだそうだ。

少し時間は早いが夕食の支度をし、お腹がぺこぺこだとう奥さまに召し上がっていただく。
ご主人はくたびれ果て、こたつに横になるとすぐに寝てしまった。

ポータブルトイレを掃除し、明日の朝食の準備をし、洗濯機を回す。
(明日朝訪問するヘルパーが干してくれる)
事の顛末を家族との交換日記に記入し、昼食を食べなかったことと、昼の薬が飲めなかったことは会社への記録にも記入した。
1時間のサービスを終了してそろそろ帰ろうとしたところへ、3人の子どもたちが次々に駆けつけた。
「お母さん、来るのが遅れてごめんね!」
「どうしたの? 何があったの?」
「出かけていたから留守番電話の録音を聞いてびっくりしたよ」
みな一様に固い表情だったが、ヘルパーが来ていたので一安心されたようだった。

詳細をお話し「ではこれで失礼いたします」と言ったところへご主人が起き上がる。
ご主人は居間をぐるりを見回すとにっこり笑って
「ああ、正月だからみんな揃ったね」とおっしゃった。
息子さんも娘さんも、苦笑するしかなかった。


95歳と90歳のご夫婦ふたりきり。団地住まい。
それでも自力で排泄をし、ヘルパーの手を借りて自宅で入浴もする。
お互いに耳が遠く、コミュニケーションは取れにくくなってはいるが、2人仲良く力を合わせて暮らしている。

お正月から大事無くてよかったです。
今年もよろしくお願いします。


初春のお慶びを申し上げます。
昨年は色々ありがとうございました。
本年も宜しくおつきあい下さいます様にお願い申し上げます。
m(__)m
お正月早々、大変でしたね。

奥様もですが、ご主人も懸命に渾身の力で持ち堪えられたのでしょう、
打てる手を打ちつつ祈りながら、誰かが来てくれるのを待っている時間の、おふたりのお気持は如何程だった事でしょう。
おお事にならなくて、良かったですね。

私事ですが、母は食卓の椅子からは立ち上がれますが、風呂場の椅子から一人で立ち上がれません。
おしりよりも膝の方が高くなると、無理なのです。
私達が普段何気無くやっている動作ですが、思う様に動けない身にとって、立ち上がるのは、実はかなり力が要るんですよね。

2008.01.03 11:56 URL | marina #KBJvIUTM [ 編集 ]


 新年早々 お仕事ご苦労様です。 今年もこちらのブログを楽しみにしています。
 
 利用者さま たいしたお怪我がなかったなら良かったです。
  私事ですが 年末 要介護で一人暮らしの叔母に 生菓子を送りました。でも 一人では封を開けられないので、ヘルパーさんが来るまで待つとの事。(てっきり家族が一緒と思って送ったのに...)
  早く来てくれたらいいな と思いつつ、ヘルパーさんを頼りにしているんだなー。 私もいつかヘルパーに復帰したいなって思いました(^^)

2008.01.04 12:13 URL | ダイテツ #- [ 編集 ]

今年もよろしくお願いします
コメントをいただきながら、すっかりお返事が遅くなってしまいました。
こんな私ですが、今年もよろしくお付き合いください。m(_ _)m

marinaさま
このご夫婦は本当に仲がよく、支えあって暮らしていらっしゃいます。ふたりして「ヘルパーさんが仏様に見える」と涙ぐんでいらっしゃいました。
きっと心細く、悲しかったと思います。
1日に2度ヘルパーが訪問しても、空白の時間ってありますよね。今回はたまたまフォローできましたが、そうでなかったら、と思うとぞっとします。
お風呂の椅子ですが、最近は高さのあるものが福祉用具店で販売されています。食卓椅子が大丈夫なら、その高さを購入されるといいかもしれませんね。

ダイテツさま
叔母さまに年末贈り物をされたなんて、優しいですね。きっとすごく喜ばれたと思います。
もちろんお正月を家族の訪問もなく過ごす方もいらっしゃいますが、そういう方のところへ正月に派遣されると本当に寂しそうで慰めの言葉もありません。
ヘルパーが行くことでいくらかでも明るい気分になっていただけるといいなと思います。
ダイテツさんは絶対素敵なヘルパーになると思いますよ!

2008.01.08 16:55 URL | かずよん #rNUx50LM [ 編集 ]















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tukiakarinoheya.blog65.fc2.com/tb.php/265-f69f9c0f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。