◆真昼の月◆

ヘルパーのお仕事、職人仕込みのレシピなどを綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ホームページを始めた時、
「ヘルパーは どきどきハラハラ手に汗握る、スリルとサスペンスのお仕事です」
というのがキャッチフレーズだった。

で、今でも本当にそうだと思う。
最近多いお仕事が「介護予防介助」というヤツ。
現在の状態は介護を必要とするほどではない。
けれども生活態度がこのまま変化しない場合、明らかに近い将来要介護になってしまいそうな人に、適度な刺激や運動を促がして、少しでも長く元気で自宅にいてもらうためのサービス。ということかな。

だから相手によってその内容は様々。

本来の介護保険では対象外になるような内容も、ケアマネが有効なサービスだとしてプランを立てることもありえる。
といっても、専門的な話になるとわからないかもしれないけど。

大好きなTおばあちゃんへのサービスは、一緒に料理を作ること。
帰りの遅い息子と2人暮しのおばあちゃんは、1人で食べることが多い。
めんどうで、ついついインスタントや出来合いのものですませてしまう。
カップラーメンなどが大量に家の中にあるので、買い物にも出ずにそれを食べながら家でゴロゴロ過ごす。
軽い糖尿病もあり、栄養が偏るので心配。

そこで、1週間に1度、私が訪問する。

その日のためにおばあちゃんは、

○何を作るのか献立を考える
○レシピ本やテレビの料理番組メモなどを用意する。
○必要な材料や調味料が揃っているか確認する。
○不足分を購入するために外出する。


これだけでも料理を作るってずいぶん脳みそを使っているのだとわかる。
私は献立を聞き、材料を確認して、おばあちゃんと一緒に調理をする。

切ったり、洗ったり、皮をむいたり、できることはやってもらう。
加熱は私の仕事。途中で何度も味見をしてもらう。
意見を言ってもらう。
おばあちゃんはメモに書きとめながら覚えようとする。
週末に1人で作ってみて、息子さんにご馳走する。

いいサービスだと思うよ。

これを始めてから、おばあちゃんは食べる意欲も作る意欲も出てきたし、
1人の時も調理したりしているらしい。

で、何がスリルとサスペンスかというと、
何を作るのか、行ってみなくちゃわからない。ってこと。
「昨日は体調が悪くて買い物に行けなかったのよ。これで何か作って」
そういうのが一番危ない(笑)

「何でもいいから」と言いつつ、材料がとんでもなかったりする。
先日は干ししいたけと冷凍の殻付きエビだった。
これで何が作れるか。
冷蔵庫を開けて中を見せてもらい、玉子とネギを発見。
エビは頭と胴に分け、せわたを取る。
頭は網で焼き、そのあと干ししいたけと一緒に澄まし汁にする。
エビの胴と卵とネギでチャーハンを作る。

このお宅ほど、臨機応変が求められるサービスはないと思ってます(笑)


こんにちは!また遊びに来ます。

2008.11.19 18:19 URL | ミカ #- [ 編集 ]















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tukiakarinoheya.blog65.fc2.com/tb.php/262-ac833370

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。