◆真昼の月◆

ヘルパーのお仕事、職人仕込みのレシピなどを綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
朝から雨が降っている。
おまけになんだか上空が騒がしい――
と思ったら電車が止まっていて、その取材ヘリの音だった。

大宮-新都心間で架線が切断して、そこを通る一切の電車が止まっているという。
ヘリからの映像は、途中で電車から降ろされ線路を傘をさして歩く人たちを映し出している。

京浜東北線は11時頃に運転再開を目指しています。

テレビではそういっているけれど、本当に11時に回復するのだろうか。
今日はI男さんと障害支援買い物介助に出かけることになっている。
自宅から徒歩20分かけて最寄り駅。
そこから京浜東北線に乗って、某駅前の百貨店で買い物をする予定だ。
I男さんは生まれつき右眼球がない。
左は重度の弱視で人影が朧に分かる程度。
けれども白杖を使うのが嫌で、持ち歩かない。
白杖は「私は視力障害者です」というアピールのようなもので、これを持っていれば乗り物の中で席を譲ってもらえたり、前方から来た人が道をよけてくれたりするのだが、それがない。
下手をすると対向者とぶつかって「どこ見て歩いてるんだよ!」と怒鳴られてしまう。
「見えてないんだよ!」と思うけれど、アピールしていないのだから仕方ない。
いかにぶつけられないようにガイドするか、がポイントなのだ。
今日は雨降り。それだけですでに通常よりガイドが難しい。
ご本人はとても行く気になっていて、13時のサービス開始には復旧しているはずだから、迎えに来て欲しいと事務所から連絡が来た。

12時20分。京浜東北線運転再開。
予定通りサービスを行うこととなった。
「かずよんさん、復旧したといっても、電車はとても混むと思います。
遅れも出るし、本数も少ないでしょう。
もしも安全なガイドが出来ないと判断するほど混んでいたら、タクシーでの移動に切り替えるように、I男さんにオススメしてください」
わざわざケアマネから電話が入る。
合羽を着て、I男さんのお宅のインターホンを押すと、準備を整えて待っていたI男さんが出てきた。
傘を持っている。
「両手が使えるように、合羽で出かけませんか?」
「合羽なんか持っていないよ」
傘をさされると、その先がヘルパーに当たって仕事がしにくいんだけどなぁ。危ないし。
すたすたと傘をさしてあるくI男さんをガードしながら(ガイドというより、本当にガードといった感じだった)徒歩20分。駅に着いた。
ホームから零れ落ちるのではないかというような人ごみの中、
「ほんの一駅だから平気。タクシーを使うなんてもったいない」
というI男さんを守りつつ電車に乗る。
ギュウギュウに混んでいて、小さなI男さんを見失いそうだった。
すでに疲労困憊な私。

やっとの思いで百貨店に着き、「何をお買いになるのですか?」と訊ねれば「まずは半袖のポロシャツ。胸ポケットがあるのを探して欲しい」と言う。
5階紳士服売り場で予算を訊きつつあれこれ探して、ようやくカーキ色のポロシャツを購入。
「他に買われるものはありますか?」
「うん。掛け布団を買うよ」
――え? それって、配送してもらうんですよね?
などと考えた私が甘かった。
「配送いたしますか?」という親切な店員さんに
「ああ、この人に持ってもらうから大丈夫です。羽根布団だから軽いでしょ?」というI男さん。
前の布団が破れちゃったから、今夜から使いたいんだよ。と。

結局、羽根掛け布団と布団カバーを2枚買い、合羽姿で大きな荷物を持って帰るはめになった。
帰り道の徒歩20分のきついこと、きついこと。
ヘルパーは、安全のために両手を使えるようにしておかなければならない。
だからリュックに合羽姿なのだ。
けれどもこういう場合、どうすればいいんだろう。
「前方水溜りがあります。左へ寄ってください」とか
「後方から自動車が来ました。右端へ寄ってやりすごしましょう」とか、空いている手で誘導しながらなんとか帰宅。

ああ、無事に終了してよかったよぉ。。。

梅雨時のガイドヘルパーは、これまた大変なのである。

お疲れ様です
かずよんさん 雨の中、大変でしたね。
お疲れ様です。

かずよんさんは訪問介護の他にガイドの仕事もされているのですね。
私は今月、ガイヘル(視覚、全身性)の研修を修了しました。
どちらが大変と比較する事はできませんが、
視覚の方は大いに手こずりました。
それを仕事にされているなんて尊敬いたします。

さて、本当に無事終了して良かったですね。

2007.06.22 18:53 URL | ぽち太郎 #FajV6a2. [ 編集 ]


いやはやご苦労様。両手が塞がっていての雨中介護、荷物を下ろした瞬間の開放感、わかるな~。ところで障害者特に視覚障害者向けにPC教えて数年になりますが、この障害者にとって必須機器化したPC,最初から敬遠気味であったり高価なものですからまだまだ使っていない方が多いのですね。9月にも相談会やキャンペーンやります。関心持って貰うと嬉しいpanでありま~す。

2007.06.27 09:52 URL | pan #- [ 編集 ]

一生忘れません(笑)
あの日のサービスは一生忘れないと思います(笑)

ポチ太郎さま
ガイヘル講習修了おめでとうございます。
高齢者介護の仕事で携わるのは、途中から視力障害者になった方が多いのですが、盲学校を出られた方などのガイドをするには必要な内容がたくさんあったでしょう?
ガイヘルの日は、腕が緊張してガチガチになりますが、やりがいもありますよ。
頑張りましょうね~(*^_^*)

panさま
9月のキャンペーン!
行ってみたいです。右下のメールフォームからメールをいただけますか?
ご連絡おまちしています♪

2007.06.27 22:19 URL | かずよん #rNUx50LM [ 編集 ]















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tukiakarinoheya.blog65.fc2.com/tb.php/246-ad14916a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。