◆真昼の月◆

ヘルパーのお仕事、職人仕込みのレシピなどを綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
たとえば、靴下を干す時、
洗濯バサミを付けるのは、ゴム口のほうですか?
それともつま先ですか?

科学的に検証すると、ゴムの部分は長時間濡れていると伸びやすいので、
ゴムを上にして干した方が長持ちするそうです。
けれどもY崎さんのお宅は、つま先を上にして干します。
ゴムに洗濯バサミの痕が残っていると、履いた時にみっともないから。だそうです。
Y崎さんのところで、ゴムを上にして干したら、それはヘルパーが勝手に自己流でやったこと。
ということになります。



先日、やる気満々の新人ヘルパーと同行しました。
訪問して、ご挨拶をして、手早く会社名の入ったエプロンを付けてゴミを出しに行きます。
「ちょっと待って」
ゴミ出しは、エプロンで行くのね? 許可はもらってあるのね?
「えっ!? 許可がいるのですか?」
利用者さんの中には、ヘルパーに介護してもらっているという事実を、近所に知られることを嫌がる方がいます。
(家族と同居しているのに)
(娘さんは何をやっているのかしら)
そんな風な近所の目を気にするからです。
そういう人のゴミを出すときには、エプロンをしないで行くのです。
この家の利用者さんは、そのまま外へ出てもいいと言ってくださいました。
「ささいなことでも、ご本人に確認しましょうね。認知症ではないのだから、きちんとお返事がもらえるはずです」
「わかりました」
目をきらきらさせて、メモなんか取って、なかなか積極的な新人です。

次はお掃除。
「最初にお風呂のスノコをブラシで洗って、縁側に干して置きます」
ついでに、木製の風呂イスと、バスマットも縁側に干します。
それから掃除機をかけて、雑巾掛けをするのですが、時間が余るので、たたみも雑巾で拭きます。
と、新人さんは私に説明しながら、てきぱきと掃除をすませてゆきます。
何度か雑巾を洗いなおしながら、最後はトイレまで。
ここでチェックです。
「お風呂のスノコを縁側に干したり、たたみを雑巾で拭いたりするのは誰の指示ですか?」
「え? 誰の指示でもありません。私はいつも家でそうしています」
「床をふく雑巾と、トイレの雑巾は同じ物を使用するのですか?
利用者さんに訊きましたか?」
「・・・」

利用者さんが、介護保険を利用する前から、スノコを縁側に干したり、
たたみを雑巾で拭くことが日常だったのなら、
ヘルパーもその生活を維持するために同じような掃除をします。
けれども、自分の家の常識を持ち込むことは間違いで、余計なお世話にもなりかねません。
(第一、私の会社では、すのこをはずしてまで掃除をしたり、たたみの雑巾がけは、認められていません。介護保険でやりすぎは禁物だからです)
“時間が余る”というのも問題です。
サービス時間が余るようなら、適正な時間に短縮するべきで、ケアマネに報告しなければなりません。
このヘルパーが休むことになったとき、代理に訪問したヘルパーは、そんな掃除をしないでしょう。
それを利用者さんは不審に思うのではないでしょうか。

このヘルパーは新人で、担当しているのはこのお宅だけです。
もっとたくさんのお宅を訪問すると、それぞれの家でやり方が違うことや、自分の家とは違うというのが見えてくるでしょう。
自分の担当の、大事な利用者さんに喜んでほしいという気持ちは大切ですが、あくまでもケアプランに添った、その人流のサービスを提供する。
その基本をもういちど教えられた気がしました。

自己流のお話は、次回も続きます。(たぶん・笑)

どんなお仕事も基本は同じ
私の仕事も多くの人がひとつのことを作りこむので
一部の機能が突出すると
他の人に迷惑をかけることになります。
「誰がやっても同じ」が
利用者へのサービスってことは
同じなんですね。
実践と指導…
かずよんさん、大変ですね~

2007.03.29 00:57 URL | 瑞喜 #mQop/nM. [ 編集 ]

難しいです
同じサービスを提供するのも難しいし、
「これが自己流だ」と認識するのも難しいです。
社会の常識は通じません。
利用者さんの常識が、そのお宅の常識ですから(笑)
でも久しぶりに期待できる新人ヘルパーなんですよ。
一緒にがんばります。(*^_^*)b

2007.03.29 06:18 URL | かずよん #rNUx50LM [ 編集 ]















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tukiakarinoheya.blog65.fc2.com/tb.php/214-3e3cec54


 【10個の湯玉】と【湯おけ】・【風呂いす(ゆー太君)】・【せっけん台】がセットになった、少しだけ贅沢な気分に浸れる“お得な”お風呂セットです。 湯玉とせっけん台は抗菌性・芳香性のひのき材から、風呂いすはスプルース(アラスカ桧)、湯おけは水湿気に強い木曽さわ

2007.07.23 11:34 | 風呂イスをたくさん集めました

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。