◆真昼の月◆

ヘルパーのお仕事、職人仕込みのレシピなどを綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
前回書いた94歳のF田さんは、自分のアパートを持っていて、
1階には独身の長男が住んでいるのだが、2階には長女が、夫子どもと住んでいる。

F田さんのリビングには、たくさんのマンガと、ゲームが置いてある。
それは2階に住む孫のものだ。
一方、2階長女宅には全く置いていないのだという。
つまり孫は、ゲームをしたくなったり、マンガを読みたいと思ったら、
祖父母の部屋まで来ないといけない。
これは、孫と祖父母が行き来するための策略である。

小学生の孫は、学校から帰るとさっそくF田さんのリビングへやってくる。
そこへ、孫の友だちもやってくる。
子どもたちに囲まれて、毎日賑やかに過ごすことが長生きの秘訣かもしれないとF田さんは言う。

それから、毎週土曜日には4世代が集まって一緒に食事をすることになっている。
F田さんのおくさまが野菜料理を何品か作り、
長男家族が魚料理を持ち寄り、長女家族は肉料理を作ってくる。
人数が多いから、作る量も多い。
毎週土曜日に向けて、次は何を作ろうか。材料はどのくらい用意しようかと夫婦で話し合うのも楽しいと言う。

お話をうかがいながら、なるほどな、と思う。
90歳を過ぎて、楽しそうに過ごすF田さん家族に、
憧れてしまう私なのだ。


仕事で若い者に囲まれるとやはり
「和解エキス」!?がこちらに注がれるように思います。
いつまでも、元気にお仕事して
若いエキスを吸い取りましょう!
4世帯が揃っての夕食。
理想です。
すごくうらやましいですね~

2007.03.17 21:44 URL | 瑞喜 #mQop/nM. [ 編集 ]

双方向
仲良く積み重ねた記憶があってこそ、これからも思い遣っていけるのでしょうね。
要介護人と介護者のふたりの歴史に、百のうち僅か一つでも其れが在れば、介護する側の辛さも変わるかも知れないですね。

2007.03.19 15:52 URL | marina #KBJvIUTM [ 編集 ]

息の合った
marinaさま、いつもコメントありがとうございます。

利用者さんと介護者と家族。
息の合っている家族の良い例でしょうね。
すごくお幸せそうです。
そういうお宅へ訪問すると、つい笑顔になります。

2007.03.20 15:49 URL | かずよん #rNUx50LM [ 編集 ]















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tukiakarinoheya.blog65.fc2.com/tb.php/212-15b2a2da

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。