◆真昼の月◆

ヘルパーのお仕事、職人仕込みのレシピなどを綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
F田さんは94歳。奥さまは92歳。
愛犬ハナと一緒に自分の持ち物であるアパートの1階に次男と一緒に住んでいる。
足の悪いお父さんが介護保険の被保険者で、サービス内容はお掃除のみ。

私が掃除をしている間、お父さんはいつもソファーに座り、新聞や雑誌を読んでいる。
物静かで、穏やかな男性だった。先週までは。

それが、どうしたことだろう。
今回、信じられないくらいによく喋る。
小学校の頃の話。
戦前、戦後の話。
子育てのこと、孫のこと。
ずーっとしゃべっているので思わず
「今日はよくお話が出ますね。何かいいことでもあったんですか」と訊いたら、
ふっふっふ、と笑った。
「この間、94歳の誕生日にね、子どもたちが補聴器を買ってくれたんだ」
よく見ると、耳の穴にすっぽり入り込む補聴器を入れている。
これがね、よく聴こえるんだよ。
もっと早く買えばよかったと思うくらいにぴったりなんだ。

ああ、そうですか。
こちらの話がよく聞こえるから、話も弾むんですね。
「聞こえるって、こんなに楽しいことだったんだねぇ」
何年も不自由していたんだなぁ。と、本当に嬉しそうに言う。
まだまだ話し足りないお父さんには申し訳なかったけれど、
次のお宅のサービスへ行くために退室させていただいた。
また来週、続きを聞かせてくださいね。と、言いおいて。

健康に感謝!
今、聞こえるのが当たり前。
でも、年をとると「当たり前」一つ一つに感謝ですね。
今までの分も、いっぱいおしゃべりされそう。
F田さん、ますます、お元気になるのでは?
いいですねー

2007.03.17 21:48 URL | 瑞喜 #mQop/nM. [ 編集 ]

聞こえると
嬉しそうなんですよ。
表情も明るいし。

とにかく機関銃のようにお話されるようになって、びっくりです(笑)

>F田さん、ますます、お元気になるのでは?

本当に。まだまだお元気でいただかないと。
(*^_^*)

2007.03.18 08:53 URL | かずよん #rNUx50LM [ 編集 ]















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tukiakarinoheya.blog65.fc2.com/tb.php/211-74fac22e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。