◆真昼の月◆

ヘルパーのお仕事、職人仕込みのレシピなどを綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
映画「マルタのやさしい刺繍」は、どちらかといえば目立たない作品かもしれません。
あまりCMやポスターを見かけませんし、予告編も見たことがありませんでした。
上映されている映画館も少ないんです。

4月17日放送の「テレビでドイツ語」の番組内でこの映画が紹介されていました。
舞台はスイスの、ベルン州エーメンタール地方。そこから更に田舎のトループというところです。
主役は夫に先立たれ9ヶ月たった現在も立ち直ることの出来ない80歳のマルタおばあちゃん。
監督はスイスのインターラーケンで生まれた若き女性(1972年生まれ)、ベッティーナ・オベルリです。

なつかしのスイスドイツ語圏、主役は高齢者。
まるで私のための映画のようです(笑)

スイスは日本の九州よりやや小さめという国土に、26の州からなる連邦国で、地方自治制度をとっています。
観光王国スイスですが、田舎に行くと事情はずいぶん違います。
閉鎖的、排他的で女性が選挙権を得たのは日本より25年も遅れている、そんな保守的な面を持っているんです。

そういう基礎知識を持ってこの映画を観ると、受け取る印象はまた違ったものになるでしょう。

登場する女性高齢者たちは、次世代に遠慮しながらおとなしく暮らしていました。
マルタは若い頃裁縫が得意で、ランジェリー縫製を習っていたのですが、夫に「恥ずかしいから人に知られるな」と止められ、シャンゼリゼにランジェリーショップを開くという夢を諦め忘れていたのです。
夫が亡くなり一人になって、その夢を実現させようとした時、彼女の前にさまざまな障害が立ちふさがります。

恥知らず。
年寄りが、こんな恥ずかしい物を作って売るなんて。
息子は牧師なのに。
こんな店があるなんて、この地域の恥さらしだ。


あからさまな中傷と妨害。日曜の礼拝時には息子である牧師から「破廉恥な誘惑から立ち戻るために村民皆が協力しなければならない」と、皮肉な説教を聞かされるほどです。

何度も頓挫しかけるランジェリーショップ開店を、マルタは諦めず実現していきます。
これは少しも恥ずかしいことではない。
この夢をかなえることで、居場所と喜びと生きがいを得ることが出来る――。

二世帯同居家族のあり方や、スイスの老人ホーム事情といった介護職には興味の尽きない部分も多くあり、また一方でスイスの美しい自然と緑豊かな村の風景、重厚な歴史と共存する現代的な街ベルンという目にも楽しい部分もふんだんに見ることができます。

お近くで上映される時には、ぜひご覧ください。
必ず元気をもらって帰れます。

公式ホームページはこちら
スポンサーサイト
縁あって、久米信行氏の講演を聞くことができました。
久米さんは、
メール道 メール道
久米 信行 (2004/05/17)
NTT出版

この商品の詳細を見る
メール道の著者で、久米繊維の三代目で、
All About JapanのTシャツガイドなどもやっているという多面多彩な人です。
見るからに温厚な久米さんが、eメールを使った、
よいコミュニケーションや繋がりの持ち方を話してくださったのです。

しかし、メールの極意とかビジネス上でのメールの有効な使い方とかいっても、
普通の主婦にはあまり関係がありません。
私が就職していた頃は、もちろんメールなんてまだなく、
パソコンを入手した頃にも、
メールアドレスを持っている人はほとんどいませんでした。
それどころか、現在こんなにパソコンが普及しているのに、
「家にはパソコンがあるけれど、それは夫と子ども用」
という40歳代主婦のなんと多いこと!
メールアドレスはあるけれども携帯電話から。
そういう人が、私のまわりでは圧倒的多数です。

でもね、講演はとても面白く、ためになりました。
正しいメールの書き方というのを、あまり意識したことはなかったので、
送信者設定や件名の重要性とか、T.P.Oに合わせた書き分けとか、
マナーだって、教えてもらうってことがありませんでしたから。

ホームページを持つようになって、
全く知らない方からのメールをいただくことが増えました。
知っている人にメールを書くのは、あまり難しいとは感じませんが、
相手を知らないとなると、やはり緊張します。
こちらが恐縮するくらい丁寧なメールをいただくこともあれば、
喧嘩売られてる? というような感じを受けるメールが来たりもしました。
(結果的にはそうではなく、ぶっきらぼうなだけでしたが・・・)
“サイトの管理人として”講演を聴いているのはとても楽しかったです。

こんな小さなサイトだと、いただくメールはスパムの方が多いんですよ。
英文のみのメールとか、ファイル付きとかはブロックしますが、
他にも送信者と件名を見て、「これはどっちだ?」と悩むものがあります。
「私もお仕事始めました」そういうメールが来たら、
送信者が知らない人でも、
私と同じヘルパーになった人かしらとか思いますよね?
見事に騙されましたよ。風俗のお仕事のご案内でした(爆)
送信者と件名を具体的に分かりやすく。
それが基礎。その次は、真心のこもった文章でしょう。
ビジネスメールではないのですから。

ところで、子どものメールは、というと、とてもひどいです。
顔文字はもちろん、半角カタカナは飛び交い、
文章もわざとおちゃらけて、さっと読んだだけでは理解できません。
送信者名は携帯のアドレス。件名はありません。
こんなメールを一日に何十通もやりとりしているようです。
手書きのお手紙を送るという習慣のないこの子たちも、
社会人になったら、当然ビジネスメールを使うようになるのでしょう?

そう思うと、背中が寒くなりました。
毎年クリスマスリースは生の木で作ります。
動画がブログで使えるようになったので、作り方をアップしてみました。
材料です
材料は直径25センチほどの針金を丸くしたもの。これが芯になります。
土台となるのは杉の葉の部分。
表面を被うのは、ヒバのような葉の柔らかい針葉樹。
あとは飾り用に、モミの枝や、まつぼっくり、リボンなど色々。

芯に添わせるように杉を巻きながら麻紐でぐるぐる巻きに縛ります。
棘が刺さることがあるので、軍手を使いましょう。
枝が先の方まで来て細くなってしまったら、次の枝を差し込んで巻きます。
1周したら、しっかりと麻紐で結んで、引っ掛けるためのわっかにしておきます。
リースは、キリスト教にとって、「永遠」のシンボルです。
だから一方方向に巻いていくのがこだわりです。
ヒバ巻きました
芯に杉を巻いた麻紐の隙間に、1周分ヒバの枝を差し込んで行きます。
差し込んだだけなので、置くとこんな感じにボケボケ(笑)ですが、気にしない。
松ぼっくり
まつぼっくりのカサに、手芸用のワイヤーをひと巻きし、
そのワイヤーをリース本体に巻きつけて、裏側でねじって止めます。
その時に、広がっているヒバも一緒に縛るようにしましょう。
また、まつぼっくりで押さえるようにして、
ワイヤーの間にサンキライや、唐辛子などを止めてもかわいいですよ。
クルミなどはキリやドリルで穴を開けてワイヤー止めにしますが、
手芸用グルーガンがあれば、軽い飾りはそれでくっつけます。
クリスマスリース2006
紐で縛ったシナモンとか、こんな小鳥の飾りとか。
いろいろ付けてみてくださいね。
長女が中学校に入学した時、「何か記念樹を買おう」と思った。
実のなる木がいいだろうと迷って迷って、
サクランボを購入。
サグランボは2種類を一緒に植えないと実がならないとか、
なっても熟する前に落ちてしまうから、
素人が育てるのは難しいとかネットにでていたけれど、
でも、花は桜だし(笑)、
うまくなれば実も可愛いし。
その木はまだ細くて、花は多くないけれど、ちゃんと毎年咲いている。

この春次女も中学に入ったので、「記念樹はどうしよう」と
ずっと思い、探していた。
たくさん花の咲く木がいいだろうと思っていたけれど、
もう6月。
巡りあいはないのか。買えずに終わってしまうのかと心配したある日、
目に飛び込んできたのがこれ。↓

あじさい

門扉と比べてみると、株の大きさが分かると思う。
とても大きくて、真っ青なガクアジサイ。
ほとんど衝動買い。(笑)
ちゃんと毎年咲くかどうか、この色を保てるかどうか、
不安はあるけれど、
これを次女の入学記念樹とします。

当時を思い出す曲というと、
私の場合、「奥飛騨慕情」と「みちのく一人旅」だ。
って、笑えるでしょう?

父親が突然のように「料理屋を始める」と言い出したとき、
家族は反対するというよりは呆然としてしまったっけ。
それでも強引な父は、小料理屋を開店し、母はそこで働く事になった。
「開店してしばらくは忙しいから、手伝いに来い」なんて、
あくまでも一方的な父親ではあったけれど、
高校生の妹にお酒を提供する場所を手伝わせるわけにもいかず、
日中仕事を終えてから私が手伝いに入った。

狭い店内は連日それなりに混雑し、
ざわめきとタバコの煙に満ちていた。
店にはそのころ流行していたカセット式カラオケが置いてあり、
「おねえちゃん! 『奥飛騨慕情』お願い!」とお客に言われて
カセットをセットするのも私の仕事だった。
マイクを渡し、100円受け取り、注文を訊き、料理を運び、
思えばくるくるとよく働いたものだと思う。
朝8時に出社して5時退社、5時半から午前零時まで店。
若かったから体力もあったんだろう。

お世辞にも上手とはいえないお客さんの歌声。
まったくお世辞で「上手い!」と手を打ち、はやし立てる連れ添いの客。
笑顔の父。
私を呼ぶ常連さんの声。
熱燗の匂い。
お勘定の計算機を打つ指。
注文を確認し、伝票に記載する母の横顔。

曲を思い出すだけで浮かび上がるその情景は、
ただ懐かしいだけのもの――。

あの頃、私、看板娘でした(笑)
早いもので、今日は次女の卒業式でした。
長女の時と同じように、夫も休みを取り、私は着物で出席。

雨が上がってくれて助かりました。

次女が卒業しても、末っ子はまだいますから、小学校との縁が切れるわけではありません。
それでも、感慨深かったです。

ガンバレ次女。
しっかりしてくれよ!

卒業制作



次女が作成した自画像と好きな言葉のお習字。
四字熟語の中から、一番かっこいいと思う字を選んだそうです。
意味は、「意気盛んな様子」だったかな(笑)

 1年前と同じように、ひとりで駅弁を食べ、
 1年前と同じように、車窓の雪景色を眺めていたら、
自分の気持ちが全然消化されていないことに愕然とした。
夏に帰った時は、平気だったのに。
この冬空の暗い色が、あの日に私を連れ戻すのだろうか。

 そんな旅の連れとして車内に持ち込んだのは、川上弘美作「センセイの鞄」。
もと国語の教師だったセンセイと、教え子だった30歳年下のツキコとの関係は、
なんとなく他人行儀で、淡々としたものから、徐々に近づき恋愛に発展してゆくという、ぶっちゃけて言っちゃえば、そんな物語。

 それを、4回も5回も読んだ。
何回読んでも、最初はくすくすと面白く、
だんだん深刻になり、共感し、最後には泣かされてしまうのだ。
短編集なのだが、ふたりの心情の変化は、透明で、
子供のまま大人になってしまったようなツキコの、センセイに対する想いは、
虚勢をはって大人のふりをする私には、とても理解できる。

喪服

 私の父は、家庭を顧みない人だった。
父に愛され、かわいがられた記憶がない。
手を繋いで歩きたかった。
頭を撫でてほしかった。
膝に抱っこしてほしかった。
抱きしめられて、その匂いを嗅いでみたかった。
ツキコが、センセイにしてもらった数々は、
みんな私が求めていたことだった。

 けれども。
私の要求が叶えられることは一生ない。
父は勝手に逝ってしまい、もう1年が過ぎてしまった。

「お父さんのバカ」
寒い仏間の遺影に向かって、
何度も何度も言ってやった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。